2018年12月12日

滝川市議会一般質問

F0D3AE35-359F-4F06-B398-3B61A8936ED5.jpeg
私の質問内容
●「行政経営 災害時における業務継続計画について」
 想定外の北海道全域を覆ったブラックアウトは、滝川市民に強烈なインパクトを与えました。市役所機能はその時点でできる限りの対応をしていたと認識しますが、セコマなどBCPをしっかり立てていた企業とそうでない企業とで顕著な違いが出ました。平成27年度5月に内閣府から出された「市町村のための業務継続計画作成ガイド」で示されている重要6要素などを含め、今後の突然の災害に対する業務継続計画BCP策定についてお伺いします。

●「住民福祉 介護度改善による交付金について」
厚生労働省は高齢者の自立支援や要介護度の維持・改善で成果を上げた自治体に財政支援をする交付金制度を実施、2018年度は市町村分の経常予算が190億円と認識しています。発表されている指標に対する滝川市の取組と実績を伺います。

●「保育所・幼稚園・小中学校のエアコン設置について」
この夏は全国各地で最高気温の更新が相次ぎ、熱中症の多発しました。文科省では来年夏までに小中学校に設置を急ぐ考えを発表しましたが、滝川市の現状と考えを伺います。また市内の保育所・幼稚園の現状と設置助成についても伺います。
posted by せいさん at 17:15| Comment(0) | 市議会議員活動