2017年06月18日

52「あきらとアキラ」池井戸潤

IMG_3837.JPG
池井戸潤の久しぶりの新刊「あきらとアキラ」読みました。
文庫書き下ろしです。
発刊の前からTVドラマ化が決まっているのは、さすがに池井戸潤です。
境遇が全く違う二人のアキラ(あきら)が、その後の人生で絡み合います。
お勧めの一冊です。
posted by せいさん at 20:13| Comment(0) | 活字中毒です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: