2017年08月01日

「墨龍賦」葉室麟

武人の魂を持ちつづけた絵師海北友松の生涯を描いた歴史大作です。
浅井家に仕えた海北家は織田に滅ぼされ、本能寺の変で友人斎藤利三が命を落とす。
絵師として迷いながら自分の道を求め、ついに建仁寺の雲龍図を描く。
とても面白い!
posted by せいさん at 23:24| Comment(0) | 活字中毒です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: