2018年07月07日

滝川ほほえみ工房祭

1A0726C7-0C1D-45AF-877D-B6CC25E3844C.jpeg99BE8A01-974F-450A-BAF0-5FF7A18EADFD.jpeg193E4082-7BA8-4008-A0D1-A49DA2C50C0A.jpeg
社会福祉法人ほほえみ工房祭開会式に参加しました。
雨が降らなくて良かったです。
開会式の中で、滝川ロータリークラブからカラオケ機械一式の贈呈式があり、川口60周年副実行委員長から子供達に大きなマイクが手渡されました。
posted by せいさん at 12:17| Comment(1) | 市議会議員活動
この記事へのコメント
 学校からイジメをなくすために、「命のあり方の事実教育」の義務教育化のお願い
 拝啓
 山口 清悦先生におかれましては、益々ご活躍の段、御慶申し上げます。
 さて、
 「命のあり方の事実教育」を義務教育に取り入れていただきたいと念じておりますが、どのようにしたらよいのでしょうか。ぜひお力添え、ご教示をお願いいたします。

 私が体験したこと… 私は警備員をしていまして、その日の仕事先は某市でした。来る時は駅から20分ほどかかって歩いてきたのですが、帰りは疲れてしまって歩く気になれません。そこでバスに乗りました。車内は混んでいて座れませんでした。
 バスの奥に立って前を見ると、ドア付近の二人がけの優先席が一人分あいているように見えました。その前に年配の人が二人とも立っているので、おかしいな、どうして座らないのだろうと思ってよく見ると、その二人がけの優先席を若い母親と二才くらいの子が独占しているのでした。母親は携帯電話に夢中になっており、年配の人が前に立っているのに気がつかないようでした。普通なら、子供を自分のひざの上に乗せて、一人分の席を譲るものですよね。
 これを見てて、この若い母親は自分の子供には愛情があるようだが、他の人に対しては思いやりというものがないようだと思いました。これは子供のころから正しい教育…命のあり方の事実に基づく教育が必要だと思ったのです。

 そこで提案に移ります。
 改善アイデア … 小、中学校の義務教育に「命のあり方の事実教育」を導入する。それによってイジメ問題はなくなり、犯罪は激減します。20年もたてば、日本はすばらしい国になります。
 http://hougoujuji.life.coocan.jp/life.htm
の図(jijitsuzu.gif)は、すべての生命は一体であるということの根拠になります。

 さて、その事実教育とは…(下記をご参照下さい。)
 http://hougoujuji.life.coocan.jp/ijime/ijime.htm
 人には誰でも親がいます。その親にもまた親がいます。この事実を積み重ねていくと、32代前の親は84億人を超えます。つまり、人類だけでなく、すべての生命は皆ひとつにつながっているということです。この事実を教えることで、子供達に思いやりの心が生まれます。まわりの人や生命に対する愛情が生まれます。
 そうするとまず、みんな一つにつながっている身内なんだということになって、学校におけるイジメ問題がなくなります。
 そしてこの事実教育を受けた子供達が成人して、世の中の指導的立場に立った時、犯罪が激減します。そして結婚して親になった時、親と子の断絶もなくなります。日本は素晴らしい国に変わります。

 いのちのあり方は人類共通、世界共通ですから、この教育が世界に広まれば、例えば、某国が他国を攻撃しようとしても、これが出来なくなります。そうでしょう。自分の親や子孫がその国に生きているとしたら、普通は攻撃できません。ですから、この「命のあり方の事実教育」は世界平和にもつながります。
 また、次のような効果も望めます。
 1、学校教育の根本的改革につながります。
 2、父母、隣人を大切にする気持ちが生まれ、イジメ問題がなくなります。
 3、彼我一体という考えになり、利己主義がなくなります。
 4、人種差別がなくなり、外国人との共生社会の実現が容易になります。
 5、自分の生命が宇宙の生命の総合体につながっているので、宇宙の生命の総合体が不幸になることはないのと同様に、どんなことがあっても、自分が不幸になることはありえません。一見不幸と思えることは、幸せになるための通過点、道程に過ぎません。ここから安心感が生まれ、人生に対する「恐れ」がなくなります。
 6、この思想は実にシンプルですが、やがて世界に弘まれば、地球人の意識レベルを上げ、地球の次元上昇につながります。また、地球人類が一体化し、地上天国の実現を可能にします。ですから、きわめて重要なものです。
 以上のように簡単で実効性のある、この「いのちのあり方の事実教育」の義務教育化をぜひ取り上げて下さるようお願い申し上げます。(倉田修一 合掌礼拝)

 なお、ご返信をいただける場合は、以下のアドレスで公表させていただく予定です。
 http://hougoujuji.life.coocan.jp/ijime/ijime.htm

(注)…この思想の母体は宗教団体ですが、命のあり方の事実は、宗教とは関係なく、どなたにも否定できない事実のみを述べたもので、真理として十分に通用するものです。宗教教育には当たりません。

  倉田 修一(神奈川県大和市南林間6の25の25)
  メール…shuugaku.kurata@nifty.com
  ホームページ(人間関係改善の秘法大公開)…http://hougoujuji.life.coocan.jp/
  年令…68才 電話…046-276-6160
Posted by 倉田 修一 at 2018年07月07日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: