2020年01月07日

「血の雫」相場英雄

73EB0420-1366-4B1B-ADEE-5B2C53FF3FA6.jpeg
インフルエンザの熱も下がりましたが、正月休みの延長はさすがに飽きてきました。
年末に図書館からたくさん本を借りていたのが幸いしましたが、そろそろ限界です。
相場英雄の「血の雫」読みました。
警察を嘲笑う連続殺人の犯人、それを追う年長の訳有り刑事と若いIT刑事。
思いもよらない動機に辿り着き、事件は社会性を帯びて行きます。


posted by せいさん at 21:39| Comment(0) | 活字中毒です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: