2009年11月20日

工藤準基アナウンサー

滝川高校創立80周年記念講演会が体育館で開催されました。
講師の工藤準基さんは、滝川高校17期卒業で、北海道大学卒業後STVに入社し、現在はテレビ・ラジオのアナウンサー、編成部専任局長も兼務されています。
工藤さんの同級生の同窓会川口副会長から、講師紹介の後、講演が始まりました。
講演の中で、工藤さんが第一小学校6年生の時に学芸会で演じた「夕鶴」の話、私は5年生だったのですが、良く覚えています。
確かに観衆の涙を誘っていました。
それと、高校時代に急に体育館で開催された「高石友也」ライブの時の話も懐かしく聞いていました。
工藤さんは、バスケット部でしたので、野球部だった私には、名前と顔が一致する数少ない先輩でした。

ラジオから声が聞こえると、先輩なのでとても親近感がわき、楽しく聞いていますし、テレビ「釣ーリング北海道」もファンです。

会議があって、終了後挨拶出来なかったのが残念でした。


posted by せいさん at 11:32| Comment(0) | つれづれ日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: