2011年04月28日

第二会派の悲哀

私の所属する滝川市議会新政会が、市議会が始まって以来、初の第二会派転落の事態になりました。
議長は第一会派から選出し、指名推薦で決定するのが滝川市議会の慣例です。
新政会と市民クラブの所属議員数は、同じ7名でしたが、得票総数の違いで第一、第二を決定しました。
そう言うわけで数十年続いた歴史は途絶えました。

何が一番ショックかといえば・・・・
控室の引っ越しです。
市役所庁舎建設以来使っていた部屋を明け渡し、隣の狭い部屋に引っ越さなくてはなりません。
人数は現在と同じ7名ですし、実際に机や書庫、ロッカーなどを入れてみると、本当に狭い!

第二会派の物理的な悲哀を切実に感じました

引っ越し業務は、ありがたいことに議会事務局職員がすべてしてくれました。
私は幹事長として、配置のお願いをして見ていただけでした(汗)
posted by せいさん at 17:22| Comment(0) | 頑張る人の応援団「Z」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: